【きさらぎ賞】栗東レポート~グランレイ [News]
2020/02/05(水) 15:29
 9日(日)に京都競馬場で行われるきさらぎ賞(GIII)に出走予定のグランレイ(牡3)について、追い切り後の池添学調教師のコメントは以下の通り。

「(前走は)未勝利を勝ったばかりで、人気もしていなくて気楽に臨めたと言いますか、ポテンシャルの高さは感じていたので、強い相手と良いレースをしてくれればいいなと思って見ていました。(前走後は)まだ幼いので、成長を促す意味で放牧に出して、早めにこのレースを目標に入厩させました。
(1週前は)引っかかるというか、抑えると頭の高い走りになるのが、休み明けでどうなっているのか見たかったので、併せ馬で前に馬を置いて、終いを伸ばす感じで走らせました。口向きに幼さはあるのですが、ギリギリのところではありますが我慢も利いてましたし、終いも垂れることなく、いい動きだったのではないかと思います。
本数は少ないのですが、先週の追い切りの後もすぐに息が入りましたし、精神的に煮詰まってしまう面があるのであまり追い込まずに、今日は坂路を単走で、テンの入りだけ折り合わせて、あとは気分良く加速していくような感じで、という指示を出したんですけれども、上手に乗ってくれたと思います。
過去2戦を見ていると、前に馬を置いていれば落ち着いて走れます。新馬戦は気分良く行って、途中ハミを噛んだところもあって、ペースも新馬戦にしては速かったので、終いは垂れてしまいましたが、前々走や前走のように前に馬を置いて馬群で運べれば問題ないと思っています。
まだトモが高く、キ甲も抜けていないので、成長していくんじゃないかなと思いますが、ポテンシャルの高い走りを見せてくれていますし、今後に向けて競馬を教える、という意味で、いいレースをしてくれればと思います。
乗っていても、リラックスして走る時は良いキャンターをしているので、それを競馬でしっかりと出せるようにしていきたいです。調整が難しいところはありますが、その辺りは気を付けてやっていきたいです。粗削りな面がありながら結果は出ているので、全部が完璧で競馬に臨めたら、もっといいレースをしてくれるのではないかと思います」

(取材:山本直)