【銀蹄S】(東京)~ロードグラディオが抜けだし4勝目 [News]
2020/02/01(土) 15:11
東京9Rの銀蹄ステークス(4歳以上3勝クラス・ダート1400m)は5番人気ロードグラディオ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒5(稍重)。1馬身1/4差の2着に11番人気エテルニテ、さらに半馬身差の3着に14番人気バーンフライが入った。

ロードグラディオは栗東・西浦勝一厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ、母シンメイフジ(母の父フジキセキ)。通算成績は11戦4勝。

~レース後のコメント~

1着 ロードグラディオ(C.ルメール騎手)
「スピードがあるので1400mはいいですね。1800mだと行きたがってしまいますが、1400mだと冷静に走っていました。直線でも良いタイミングで手前をかえて伸びてくれました」

3着 バーンフライ(野中悠太郎騎手)
「ペースが流れてくれて、いいポジションで脚をためることが出来ました。今日は色々とかみ合ってうまくいきました」

7着 メイショウミライ(武豊騎手)
「状態は悪くないし、いい感じで運べましたが、伸びそうで伸びませんでした」

15着 ペイシャネガノ(M.デムーロ騎手)
「スタートは出てくれましたが、久々の分もあってか進んでいきませんでした。一度使ったことで、変わってくると思います」