【川崎記念】(川崎)~チュウワウィザード、断然人気に応える [News]
2020/01/29(水) 16:16
29日(水)、川崎競馬場(晴・不良)で行われたダートグレード競走の第69回川崎記念(JpnI、ダート2100m)は、道中好位を追走していた断然人気のチュウワウィザード(JRA)が、3コーナーから4コーナーにかけて先頭に立ち、突き放して完勝した。勝利騎手は川田将雅(JRA)、勝ち時計は2分14秒1。6馬身開いた2着には7番人気だった地元川崎のヒカリオーソが入り、さらに1馬身差の3着に3番人気のデルマルーヴル(JRA)が続いた。2番人気のケイティブレイブ(JRA)は6着に敗れた。

勝ったチュウワウィザードは父キングカメハメハ、母チュウワブロッサム(その父デュランダル)という血統の5歳牡馬で、JRA栗東・大久保龍志調教師の管理馬。通算成績は地方・中央合わせて15戦9勝。昨年浦和で行われたJBCクラシックに続いてJpnI競走は2勝目となった。

<レース後の関係者のコメント>
1着 チュウワウィザード
(川田将雅騎手)
「無事に人気に応えて、勝ち切ってくれたのが何よりです。前半思っていたよりも並びが少しワイドになって、そこだけがどうかと思いましたが、少し主張して、動きを作ってからはいい形になりました。(抜け出して)1頭になって遊ぶ所があって、直線はその辺りをケアしながらでした。精神的に幼い所はありましたが、今後もっと大人になっていくと思います。去年浦和でJBCを勝つことができて、今年もこうして川崎で勝つことが出来ましたから、また南関東でレースをする機会があれば応援して頂ければと思います」

(大久保龍志調教師)
「1番人気でしたから、勝ててホッとしました。JBCを勝った時くらいの状態に持って来る事ができましたし、大外枠がどう出るかとは思いましたが、スタートも出ましたし、道中は期待しつつ見ていました。オメガパフュームやクリソベリルといった強い馬もいますが、この馬も去年より成長してきていると思います。この後は選出されれば、登録しているドバイに行きたいと考えています」

2着 ヒカリオーソ (山崎誠士騎手)
「凄いですね。ビックリしました。出遅れてしまい、控える競馬になりました。馬込みで競馬をした事がほとんど無いですし、少しムキになる所はありましたが、最後まで脚が上がる事もなく走ってくれました」

3着 デルマルーヴル (O.マーフィー騎手)
「馬がどんどん良くなっていて、浦和記念の時よりも良くなっていました。今日は強い馬を見ながらのレースで、負かすならあの形しかないと思いました。結果は3着でしたが馬はよく頑張ってくれましたし、また秋にこの馬に乗れるのが楽しみです」

4着 ミューチャリー (御神本訓史騎手)
「このぐらいやれる馬です。本当はもう少し後ろで競馬をするつもりでしたが、スタートも出ましたし、自然にあの位置からになりました。この後どんな路線に行くかは分かりませんが、今後が楽しみです」

(取材:大関隼)