【根岸S】栗東レポート~モズアスコット [News]
2020/01/29(水) 16:18
☆2月2日(日)東京競馬場で行われる第34回根岸ステークス(GIII)に出走を予定しているモズアスコット(牡6、矢作)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎モズアスコットについて、矢作芳人調教師

・前走(のマイルCS)後は早めにここを目標に設定して、放牧に出してから1月の中旬に帰厩して順調に調教を重ねています。(マイルCSは)とても状態が良かったので期待していましたが、外を回らされたにせよ伸びませんでした。何であんなに敗れたのかという印象です。

・この馬のパターンなのですが一週前追い切りはしっかりとやるということで非常に速い時計が、しかも楽に出ましたので状態はいいと思いました。(動きは)多少重いのでしょうがそれでも動けていると感じました。

・(今日の最終追い切りは)いくらか反応が鈍いところがあったので、今日やってこれでどこまで良くなってくるか。休み明けがいいタイプでは無いのでその点が鍵になるかなと思っています。

・(なぜダートへのチャレンジ)芝のGIを勝つとなかなか難しいことですが、何事にもチャレンジするのがうちの厩舎の方針です。以前から調教でよく動いてピッチ走法でパワータイプであるということからいずれはダートへ挑戦したいというということは以前から考えていました。

・東京では芝ですがGIも勝っていますし左回りの長い直線はいい条件だと思っています。

・休み明けで初めてのダート、正直半信半疑なところはありますが、ここまで順調に仕上げられてきたのでこの後はフェブラリーSを考えています。そこにメドが立つ競馬をしてもらいたいですね。

〔取材:檜川彰人〕