【門司S】(小倉)~クリノフウジンが内から突き抜けて快勝 [News]
2020/01/26(日) 18:04
小倉11Rの門司ステークス(4歳以上3勝クラス・ダート1700m)は7番人気クリノフウジン(鮫島克駿騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分43秒0(不良)。1馬身3/4差の2着に3番人気グアン、さらに3/4馬身差の3着に2番人気スマートフルーレが入った。

クリノフウジンは栗東・高橋義忠厩舎の6歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母マヤノスターライト(母の父ジェイドロバリー)。通算成績は30戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 クリノフウジン(鮫島克駿騎手)
「前回スムーズさを欠いてしまったので、もう一度チャンスをくださった関係者に感謝したいです。勝ち切るには今日のような立ち回りをするしかないと思っていました。スムーズに競馬ができ、馬もそれに応えてくれました」

2着 グアン(吉田隼人騎手)
「リズム良く運べましたが、勝ち馬に上手く乗られました。今日のような馬場も味方に、よく頑張ってくれています」

5着 ダノンロイヤル(松若風馬騎手)
「行ければ行こうと思っていました。ペースが速く厳しい展開でしたが、よく頑張っています。このクラスでも力は上位だと思います」

10着 ブルーメンクローネ(斎藤新騎手)
「人気を背負っていたこともあり、プレッシャーもきつく息を入れられませんでした」