【脊振山特別】(小倉)~ナリスが豪快に差し切る [News]
2020/01/25(土) 17:33
小倉12Rの脊振山特別(4歳以上1勝クラス・芝1800m)は2番人気ナリス(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒5(稍重)。1馬身1/4差の2着に8番人気パルフェクォーツ、さらにアタマ差の3着に3番人気マイネルウィルトスが入った。

ナリスは栗東・今野貞一厩舎の4歳牝馬で、父ディープブリランテ、母ナックオフィス(母の父ジェネラス)。通算成績は13戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ナリス(藤岡康太騎手)
「テンションが落ち着いていましたし、道中もこの馬としては力みも我慢していました。外に出したら良い脚を見せてくれました。今後も落ち着きが課題です」

2着 パルフェクォーツ(荻野極騎手)
「マイペースで気持ち良くラストまで、しぶとく走ってくれました。今日は勝ち馬の決め手が上でした」

5着 クリノオウジャ(鮫島克駿騎手)
「ハミに頼りながら走るので、下に下にのめって走るうちに、力を消耗していたようです。直線も待たされる形になりましたが、前が開いてからもピリッとは、ずっとは行けませんでした。この馬は使って良くなるタイプなので次はもっと動けると思います」