【響灘特別】(小倉)~パレニアが直線一気を決め3勝目 [News]
2020/01/25(土) 17:17
小倉11Rの響灘特別(4歳以上2勝クラス・牝馬・ダート1700m)は6番人気パレニア(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分44秒4(重)。アタマ差の2着に1番人気レッドシルヴァーナ、さらに半馬身差の3着に3番人気カリーニョミノルが入った。

パレニアは栗東・高橋亮厩舎の4歳牝馬で、父キングズベスト、母オオシマパンジー(母の父スキャン)。通算成績は9戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 パレニア(藤岡佑介騎手)
「この血統は何頭か乗っていて、ラストは良い脚を使うという印象がありました。前走は、良いペースを追いかけて、終いをなくしてしまった感じがあったので、今回は溜めて運んだら、期待以上の伸びを見せてくれました。立て直しながら伸びているにも関わらず、差し切ってくれたのですから力があります。こういうレースが合っていると思います」

2着 レッドシルヴァーナ(藤岡康太騎手)
「前で先行する馬を見ながら、リズム良く運んで、自分から動いて勝てる形だと思ったのですが。それでもよく踏ん張ってくれました。競馬が上手です。クラスのメドが立ちました」

3着 カリーニョミノル(吉田隼人騎手)
「一歩目がスッと出ず、リズム重視で運びました。道中は流れに乗って直線はやったかと思いましたが、ラストは捉えられてしまいました。それでも力があるところは見せてくれました。チャンスはあります」

4着 モンオール(西村淳也騎手)
「1コーナーで掛かる所がありました。それがラストに影響したのかもしれません。馬は成長しています」