【メイクデビュー】(京都6R)~阪神JF覇者ローブティサージュの弟、ヴァンタブラックが人気に応える [News]
2020/01/25(土) 13:45
京都6Rのメイクデビュー京都(ダート1800m)は1番人気ヴァンタブラック(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒3(重)。半馬身差の2着に9番人気タンカノキミ、さらにクビ差の3着に14番人気セルファースが入った。

ヴァンタブラックは栗東・須貝尚介厩舎の3歳牡馬で、父ブラックタイド、母プチノワール(母の父Singspiel)。

~レース後のコメント~
1着 ヴァンタブラック(C.ルメール騎手)
「ダートが良かったですね。エンジンが掛かるのに時間が掛かりましたが、長く脚を使ってくれました。最後に能力を出して、良い脚を使ってくれました」

3着 セルファース(藤井勘一郎騎手)
「スタートをしっかり出てくれて、番手につけられたのが大きかったですね。まだ幼い面はありますが、調教で良い動きをしていましたし、その通りの力を出してくれました」

5着 トルネードフラッグ(岩田望来騎手)
「スタートが良かったですし、内枠だったのでハナへ行って良いペースで逃げられました。最後も止まっていなかったですし、十分チャンスはあると思います」