【AJCC】美浦レポート~ブラストワンピース [News]
2020/01/22(水) 14:28
 26日(日)に中山競馬場で行われるアメリカジョッキークラブカップに出走を予定しているブラストワンピース(牡5歳、美浦・大竹正博厩舎)について大竹正博調教師のコメントは以下の通り。

「前走の凱旋門賞は、今まで見せなかった表情や態度を確認できたことは良かったと思っています。日本の馬房と違い、慣れない環境に戸惑いましたので、それまでのルーティンにとらわれずに違うところで運動してみたりしています。
 
 牧場から年明けにこちらに戻り、いつもどおりウッドコースで3本の追い切りを消化してきました。先週の追い切りでは体がまだ重かったので長めから時計を出しました。今朝は川田騎手を乗せてウッドコースで2頭併せの追い切りで、軽く流すような調整でした。先週は3~4コーナーで前の馬に離されてしまうところがありましたが、今朝はかなりその点は解消されて、ゴール板まで手綱を抱え込むような形でフィニッシュしました。川田騎手は、追い切りはイメージしていた通りの動きをしてくれたと言っていました。このひと追いであとどれぐらい絞れてくるかがカギになってきますが、馬は元気いっぱいです。

 中山の2200メートルのコースは有馬記念と違って外回りですが、最後の急坂もあり、力の要するコースだと思いますので、いい結果が出るのではないかと思っています。前走はほとんど競馬に参加していませんでしたが、いろんな原因があっての凡走で、この馬自身の能力が足りなかったとは思っていません。今度はきっちり結果を出したいと思っています」

(取材:小林雅巳)