【京成杯】(中山11R)~クリスタルブラックがゴール前で差し切って無傷の2連勝 [News]
2020/01/19(日) 17:56
中山11Rの京成杯(3歳GIII・芝2000m)は7番人気クリスタルブラック(吉田豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒1(稍重)。半馬身差の2着に1番人気スカイグルーヴ、さらに2馬身半差の3着に6番人気ディアスティマが入った。

クリスタルブラックは美浦・高橋文雅厩舎の3歳牡馬で、父キズナ、母アッシュケーク(母の父タイキシャトル)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 クリスタルブラック(吉田豊騎手)
「新馬戦で外からいい脚を使いましたから、今日は1番枠でしたが最後は外に出したいと考えていました。道中は気合いが乗りすぎて引っ掛かっていたのでどうかと思いましたが、今日も外に出すと伸びてくれました。乗り味のいい馬ですが、テンションが上がりすぎるところがあるので、そのあたりが良くなればと思います」

(高橋文雅調教師)
「まだ体も全体的に緩いですし、今日はゲートでソワソワしたり1コーナーで前の馬にぶつかりそうになるなどヒヤヒヤしました。無事に回ってくればと思って見ていましたが、想像を超える走りをしてくれました。走りたくてしょうがないという感じで、まだコントロールできない馬ですから、今日のようなレースしかできないと思います。そういう感じなのでレースをそんなに使えないと思いますので、今日賞金を加算できたのは大きいと思います。その分、伸びしろは大きい馬です。どう育てようか悩みどころです。今日は初めての重賞を吉田豊騎手で勝てたのが一番嬉しいです」

2着 スカイグルーヴ(C.ルメール騎手)
「手前も替えてリラックスしてずっといい感じで走っていました。最後一頭になって見えないところから急に勝ち馬に来られてしまいました。重賞のレベルで経験もないので、まだ良くなると思います。とにかく経験を積んでいけばと思います」

3着 ディアスティマ(A.シュタルケ騎手)
「4コーナーを回ってトモを滑らせていましたが、またそこから盛り返していました。まだ成長途上の馬だと思います」

4着 ビターエンダー(津村明秀騎手)
「よく頑張っています。だいぶメンバーも強くなってこれからの馬なので仕方ないです。上位2頭とは決め手の差がありました」

7着 ロールオブサンダー(松山弘平騎手)
「ハナにはこだわらず行く馬もいなかったので前へ行きました。もう少し頑張れると思ったのですが......」

10着 ヒュッゲ(和田竜二騎手)
「やりたいレースはできましたが、最後は抵抗できませんでした。まだこれからの馬です」