【北大路特別】(京都10R)~サマーセントがマイペースで逃げ切る [News]
2020/01/19(日) 16:06
京都10Rの北大路特別(4歳以上2勝クラス・牝馬・芝2000m)は5番人気サマーセント(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒1(良)。1馬身1/4差の2着に2番人気ハギノカエラ、さらに4馬身差の3着に6番人気コパカティが入った。

サマーセントは栗東・斉藤崇史厩舎の4歳牝馬で、父ハービンジャー、母プリムローズレーン(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は8戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 サマーセント(幸英明騎手)
「ゲートを出てからポジションは考えようと思っていましたが、無理せずスッとハナへ行けました。道中は楽なマイペースでしたので、その分最後までしっかりと走ってくれました」

3着 コパカティ(藤岡康太騎手)
「流れが遅いのもありますが、序盤で力んでいました。終いに脚を使っているだけに折り合いがついてくれればと思います」

5着 イノセントミューズ(北村友一騎手)
「ポケットからすぐスタートできる時は問題ないのですが、今日のようにポケットからゲートへの移動があるとテンションが上がってしまいます。2コーナーでかかりそうになり、その後4コーナーは雰囲気よくいけましたが、一瞬しか脚が使えませんでした」

6着 ウインルチル(池添謙一騎手)
「スローの上がり勝負になってしまいました。早めに動いていきましたが、直線では逆に置かれてしまいました」