【ネモフィラ賞】(小倉10R)~ミヤジコクオウが内から脚を伸ばして連勝 [News]
2020/01/19(日) 15:57
小倉10Rのネモフィラ賞(3歳1勝クラス・ダート1700m)は1番人気ミヤジコクオウ(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒4(重)。1馬身1/4差の2着に3番人気ショウナンナデシコ、さらにアタマ差の3着に4番人気メイショウダジンが入った。

ミヤジコクオウは栗東・川村禎彦厩舎の3歳牡馬で、父ヴィクトワールピサ、母エミネントシチー(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ミヤジコクオウ(吉田隼人騎手)
「トモが緩いのですが、ここでは能力が上だと思っていました。3コーナーで2着馬に置かれましたが、ギアが一気に上げられてこれは届くなと思いました」

2着 ショウナンナデシコ(西村淳也騎手)
「気の悪いところを見せていました。逃げられればまた違ったのですが......」

3着 メイショウダジン(秋山真一郎騎手)
「1コーナーで躓きました。走る馬だと思いますし、体がしっかりしてくれば楽しみです」

4着 ダイシンイナリ(勝浦正樹騎手)
「いい馬なのですが、ついていって流れ込んだという感じでした。脚がたまるところもなく、1700mの割には忙しかったです。砂を被っていましたが、嫌がらずに進めました」