【3歳1勝クラス】(中山4R)~トウカイエトワールがデビュー2連勝 [News]
2020/01/19(日) 13:12
中山4Rの3歳1勝クラス(ダート1200m)は4番人気トウカイエトワール(O.マーフィー騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒7(稍重)。1馬身半差の2着に3番人気ムーランアンディゴ、さらに3/4馬身差の3着に8番人気インウィクトスが入った。

トウカイエトワールは栗東・安田隆行厩舎の3歳牡馬で、父ヘニーヒューズ、母トウカイミステリー(母の父キングカメハメハ)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 トウカイエトワール(O.マーフィー騎手)
「前走より馬がシャープになっていました。厩舎がいい仕上げをしてくれました。馬が良くなっていたので安心して乗ることができました。すごくいい馬です。将来的に1400mまではもつと思いますが、今は1200mが合っていると思います」

3着 インウィクトス(丸山元気騎手)
「行く馬が多かったので今日は周りに行かせました。最後も反応していましたし、目処の立つ内容でした」

4着 プレストレジェーロ(木幡巧也騎手)
「前回がいいスピードを見せていたので、同じような競馬をすればいいと思っていました。押し切れるかなと思いましたが、道中でハミを噛んでしまったところが痛かったです。今後もさらにやれると思います」

5着 タイニーベイビー(津村明秀騎手)
「使っていますが、疲れがなくテンションも上がっていませんでした。終いも来ていましたし今後も楽しみです。体が増えるとさらにいいと思います」

8着 オーロラテソーロ(大野拓弥騎手)
「トモを滑らせてしまい、流れに乗れませんでした」