【メイクデビュー】(東京5R、6R)~ビップレボルシオン、ダンスアミーガが勝利 [News]
2013/11/17(日) 15:15
東京5Rのメイクデビュー東京(2歳新馬、芝1800m)は4番人気ビップレボルシオン(後藤浩輝騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒7(良)。3馬身差2着に10番人気デンセツ、さらにクビ差で3着に1番人気ヴァルコイネンが入った。

ビップレボルシオンは栗東・清水久詞厩舎の2歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母メジロジョーンズ(母の父メジロライアン)。

~レース後のコメント~
1着 ビップレボルシオン(後藤騎手)
「この馬のいいところを引き出したいと思っていました。馬体がしっかりしているので、新馬戦よりも使ってからの方がもっと良くなると思います。真面目でバテないのが強みですが、少し不器用なところもあるので、うまくコントロール出来るようになるといいですね」

3着 ヴァルコイネン(田辺騎手)
「まだ気持ちが若くてずっと鳴いていました。追走に苦労することもありましたが、終いはしっかり伸びてくれました」

4着 サトノジェイド(津村騎手)
「返し馬からハミを取っていて、口向きがあまり良くないところもありましたが、終いは伸びています。距離は短い方がいいかもしれません」

6着 クロニクルスカイ(藤田騎手)
「馬体が大きく、姉(ワイキューブ)とは違うタイプですね」

8着 アールプロセス(三浦騎手)
「まだ走る方に気持ちが集中し切れていないように感じました。ダート戦の方が向いているかもしれません」


東京6Rのメイクデビュー東京(2歳新馬、芝1400m)は1番人気ダンスアミーガ(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒7(良)。5馬身差2着に15番人気ナスタイザン、さらに1馬身1/4差で3着に2番人気アペルトゥーラが入った。

ダンスアミーガは栗東・中竹和也厩舎の2歳牝馬で、父サクラバクシンオー、母ダンスオールナイト(母の父エルコンドルパサー)。

~レース後のコメント~
1着 ダンスアミーガ(三浦騎手)
「楽に先手を取れました。サクラバクシンオー産駒で、気性が前向きなので、あまり緩んだペースではなかったと思いましたし、終いでフワッとするところもありましたが、最後にまた伸びてくれました」

(中竹和也調教師)
「距離がどうかと心配しましたが、ゲートのセンスも良かったですし、上手に走ってくれました。今後はもう1ハロン持つように努力していくつもりです。マイルまではもたせたいです。体も余裕がありますし、次に関しては、栗東に帰ってから様子を見たいと思います」

2着 ナスタイザン(吉田豊騎手)
「うまく流れに乗れました。追ってからもジワジワと伸びています。一度走ってさらに良くなると思います」

3着 アペルトゥーラ(後藤騎手)
「調教よりメリハリがついていました。勝ち上がりも近いと思います」

5着 デルマオソマツ(柴田善騎手)
「まだ夢中になって走っていました。余裕が持てれば変わってくると思います」