【ニューイヤーS】(中山11R)~ジャンダルムが早め先頭から押し切る [News]
2020/01/18(土) 17:10
中山11Rのニューイヤーステークス(4歳以上オープン・リステッド・芝1600m)は3番人気ジャンダルム(藤井勘一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒8(稍重)。3/4馬身差の2着に9番人気シャイニービーム、さらにクビ差の3着に2番人気アルーシャが入った。

ジャンダルムは栗東・池江泰寿厩舎の5歳牡馬で、父Kitten's Joy、母Believe(母の父Sunday Silence)。通算成績は13戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ジャンダルム(藤井勘一郎騎手)
「中山は結構得意ですし、前走から間隔が空いて馬がフレッシュになっていました。ゲートを出てからずっと手応えが良かったですし、勝負どころで馬群がバラけたところに入っていけて展開が向きました。フレッシュな状態で挑めましたし、コンビ4戦目で勝てて良かったです」

2着 シャイニービーム(M.デムーロ騎手)
「すごく良かったのですが、直線に向いて内と外が狭くなってしまいました。スムーズならもっと伸びていたと思います」

3着 アルーシャ(O.マーフィー騎手)
「枠が一番外でアグレッシブに出すと引っ掛かるので出たなりで行きました。すごくいい馬で癖がありませんし、乗りやすいです。しかし、外を回らされている分、距離のロスで負けてしまいました。このクラスはすぐ勝てると思いますし、能力のある馬です」

4着 ウインファビラス(松岡正海騎手)
「一週前の追い切りではフットワークが良くなかったのですが、今週の具合はすごく良かったです。頑張ってくれました。いいお母さんになるでしょう」