【羅生門S】(京都11R)~バティスティーニとラプタスが同着V [News]
2020/01/18(土) 17:03
京都11Rの羅生門ステークス(4歳以上3勝クラス・ダート1400m)は8番人気バティスティーニ(A.シュタルケ騎手)と1番人気ラプタス(幸英明騎手)が同着で勝利した。勝ちタイムは1分23秒6(稍重)。3馬身差の3着に6番人気ワンダーアマービレが入った。

バティスティーニは栗東・池添学厩舎の7歳牡馬で、父キングカメハメハ、母バプティスタ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は23戦5勝。
ラプタスは栗東・松永昌博厩舎の4歳セン馬で、父ディープブリランテ、母エアラホーヤ(母の父ボストンハーバー)。通算成績は7戦4勝。

~レース後のコメント~
1着同着 バティスティーニ(A.シュタルケ騎手)
「道中は砂を嫌がらずリズムよく運べました。直線はスペースを見つけるのに時間が掛かりましたが、反応よくいい脚で伸びてくれました。ダートは今日で2回目ですが、向いていると思います」

1着同着 ラプタス(幸英明騎手)
「行こうと思えば行けましたが、この後のことも考えて控えました。遊ぶところもありヒヤッとしましたが、上のクラスに上がってからもやれると思います」

4着 メイショウアリソン(川須栄彦騎手)
「先生には『行くつもりで』と言われていました。すんなりと楽な形で行けて、直線を向いて一度は後ろを離したのですが、最後に脚が上がってしまいました。1400mの距離もこなせますし、力のある馬です」