【愛知杯】(小倉11R)~7歳馬デンコウアンジュが内から鋭く脚を伸ばして重賞3勝目 [News]
2020/01/18(土) 16:39
小倉11Rの愛知杯(4歳以上GIII・牝馬・芝2000m)は9番人気デンコウアンジュ(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒1(重)。クビ差の2着に5番人気アルメリアブルーム、さらにクビ差の3着に11番人気レイホーロマンスが入った。

デンコウアンジュは栗東・荒川義之厩舎の7歳牝馬で、父メイショウサムソン、母デンコウラッキー(母の父マリエンバード)。通算成績は32戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 デンコウアンジュ(柴田善臣騎手)
「一言で嬉しいです。返し馬が終わった後に歩きが若々しくて、今日は動けるかなという感じで乗っていました。4コーナーの手応えがよく、捌き次第かなと思っていました。今日は馬が若々しく動いていきました。馬の力を借りてできる限りのところを見せていきたいと思います」

2着 アルメリアブルーム(武豊騎手)
「思った通りのレースはできました。道中いい感じで行けました。あと一歩のところでしたが、今日は勝ち馬の決め手が上でした」

3着 レイホーロマンス(酒井学騎手)
「長い距離のレースを使ってきて、今日は内枠でもあったのでスタートして出していきました。道中はスムーズで開いたスペースにうまく反応してしっかり伸びてくれました。ハンデも良かったと思います」

5着 センテリュオ(C.ルメール騎手)
「この馬場でスタートから進んでいきませんでした。能力はあるので直線は伸びていましたが、ラスト100mで馬が疲れてしまいました」

12着 ポンデザール(藤岡康太騎手)
「今日は向正面では余裕がありませんでした。ジリジリと伸びましたが、この馬本来の脚が見られませんでした。今日はこの馬には馬場が緩すぎました」