【メイクデビュー】(京都5R、6R)~スリーカラーナンゴ、ダノンバトゥーラが勝利 [News]
2013/11/17(日) 15:14
京都5Rのメイクデビュー京都(2歳新馬、芝1800m)は7番人気スリーカラーナンゴ(国分優作騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒9(良)。1馬身1/4差2着に1番人気ワールドインパクト、さらにクビ差で3着に2番人気アグネスミニッツが入った。

スリーカラーナンゴは栗東・坪憲章厩舎の2歳牡馬で、父チチカステナンゴ、母スズカカラーズ(母の父サンデーサイレンス)。

~レース後のコメント~
1着 スリーカラーナンゴ(国分優騎手)
「馬の気持ちが前向きで、終始楽なレースでした。この馬場で先行出来たことも良かったと思います。馬もしっかりして、追い切り通り反応も良かったですね」

2着 ワールドインパクト(岩田騎手)
「レースに行って、しっかりハミを取ってくれませんでした。それでもしぶとく伸びています。このレースを使われて変わってくれればと思います。能力は高いですよ」

3着 アグネスミニッツ(武豊騎手)
「子供っぽく、4コーナーでモタつく面を見せました。最後いい脚を使っているだけにもったいなかったですね。能力はあります」

4着 ショウナンアトラス(浜中騎手)
「まだ体力がつききってない分、コーナーの遠心力で自分を支えきれない感じでした。手前もうまく替えていない中、ここまで走っていますから先々走ってきそうです」

5着 ベルフィオーレ(福永騎手)
「うまくいいポジションでレースを運べたのですが、力がつききっていない分、3コーナーの坂の下りで脚をためられませんでした。でも能力があるので先々走ってきそうです」


京都6Rのメイクデビュー京都(2歳新馬、ダート1800m)は1番人気ダノンバトゥーラ(M・バルザローナ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒9(稍重)。1馬身1/4差2着に4番人気レッドロンメル、さらに1/2馬身差で3着に6番人気エクストラゴールドが入った。

ダノンバトゥーラは栗東・角居勝彦厩舎の2歳牡馬で、父キングカメハメハ、母グレイスティアラ(母の父フジキセキ)。

~レース後のコメント~
1着 ダノンバトゥーラ(バルザローナ騎手)
「外を回らせるのは嫌だったし、ペースが遅かったので向正面で動きました。まだすごく物見をしていますが、いい馬ですし、期待出来ると思います」

(角居勝彦調教師)
「芝でも走れると思いますが、母(グレイスティアラ)がダートで活躍しているようにパワー系ですので、ダートを使いました。次もダートの予定です」

2着 レッドロンメル(岩田騎手)
「直線で外に出したらフワッとしたので、ハミを掛け直して内をつきました。そこから伸びています」

4着 バイザスターン(福永騎手)
「押し出されてハナに立ちました。ペースが遅く、途中で他の馬が動いたので、馬の後ろに入れて、砂を被らせたり、色々と経験が出来ました。上手に走っていましたが、まだ首をうまく使えない分、伸びませんでした。センスもいいです」