【木津川特別】(京都9R)~ノーブルカリナンが後続を振り切る [News]
2020/01/18(土) 14:45
京都9Rの木津川特別(4歳以上2勝クラス・芝1600m)は3番人気ノーブルカリナン(四位洋文騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒4(良)。1馬身半差の2着に6番人気ナイトバナレット、さらにハナ差の3着に7番人気エイシンスレイマンが入った。

ノーブルカリナンは栗東・友道康夫厩舎の5歳牝馬で、父ディープインパクト、母ノーブルジュエリー(母の父Smarty Jones)。通算成績は14戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ノーブルカリナン(四位洋文騎手)
「ストレスなくレースを運ぶことができ、気持ちよさそうに走っていました。今日のような馬場も大丈夫でした。文句なしの内容です」

2着 ナイトバナレット(坂井瑠星騎手)
「前走もラストはいい伸びでした。今日はメンバー的にもペースが流れると思っていました。ラストまでいい脚で伸びてくれましたし、こういう形ならチャンスがありそうです」

3着 エイシンスレイマン(松山弘平騎手)
「ポジションよりも折り合いやリズム重視でレースをしました。最後はしっかりいい脚で伸びてくれました」

4着 シベリアンタイガー(松若風馬騎手)
「流れは良くいいところで折り合えて、坂の下りを利用してうまく加速できたのですが、直線半ばで一杯一杯になってしまいました」