【メイクデビュー】(福島5R)~タガノコルコバードが勝利 [News]
2013/11/17(日) 15:13
福島5Rのメイクデビュー福島(2歳新馬、ダート1700m)は4番人気タガノコルコバード(菱田裕二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒0(良)。2馬身差2着に2番人気ビクターミノル、さらに3/4馬身差で3着に8番人気リムショットが入った。

タガノコルコバードは栗東・藤岡健一厩舎の2歳牡馬で、父ブライアンズタイム、母タバスコムスメ(母の父タバスコキャット)。

~レース後のコメント~
1着 タガノコルコバード(菱田騎手)
「次に繋がるレースをということを考えて、勝つにしても行った行ったのような形にならないように道中はあえて砂を被るような形でレースをして、馬も我慢して走ってくれてしっかり伸びてくれました。今日は余力もありましたし、次に繋がるレースになったと思います」

2着 ビクターミノル(松田騎手)
「デビュー戦でまったくレースを理解出来ていない感じで道中は追走で手一杯でした。それでもあれだけ伸びていますし、レースを覚えてくればまだ良くなると思います」

3着 リムショット(横山和騎手)
「まだ集中して走っていない感じです。それでも最後は頑張っています。ダートは合いそうです」

4着 タガノラプランセス(中井騎手)
「砂を被るのが大嫌いな馬のようです。それでも外からしっかりした脚は使いました」

5着 キンノタマゴ(杉原騎手)
「ゲートでは落ち着いていました。砂を被って追っつけながらの追走でしたが、最後はいい脚を使いました」

6着 フクノゲイボルグ(丹内騎手)
「調教での感じより、よく頑張って走っています」