【メイクデビュー】(中山6R)~リヴァージュが好スタートから逃げ切る [News]
2020/01/12(日) 14:15
中山6Rのメイクデビュー中山(芝2000m)は4番人気リヴァージュ(横山和生騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分04秒8(良)。3馬身半差の2着に5番人気ホウオウハルカス、さらに1馬身3/4差の3着に6番人気エルセンブルグが入った。

リヴァージュは美浦・田村康仁厩舎の3歳牝馬で、父ノヴェリスト、母スカーレットポピー(母の父アグネスタキオン)。

~レース後のコメント~
1着 リヴァージュ(横山和生騎手)
「調教から良かったですし、スタートで後手を踏まなければ勝負になると思っていました。今日のような少し重い馬場の方が得意なようです」

2着 ホウオウハルカス(松岡正海騎手)
「いい馬ですね。気性が前向きになれば未勝利は楽に勝てるでしょう。能力はオープン級だと思います」

3着 エルセンブルグ(丸山元気騎手)
「まだ体を持て余していて、スタートは出ずコーナーもうまく回れませんでした。それでもあれだけ伸びていましたし、体がしっかりしてきたら楽しみです」