【逢坂山特別】(京都)~エングレーバーが人気に応える快勝 [News]
2020/01/11(土) 16:32
京都10Rの逢坂山特別(4歳以上2勝クラス・芝1800m)は1番人気エングレーバー(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒2(良)。1馬身1/4差の2着に5番人気ショウナンバルディ、さらに2馬身半差の3着に7番人気ミヤビパーフェクトが入った。

エングレーバーは栗東・中内田充正厩舎の4歳牡馬で、父オルフェーヴル、母マルティンスターク(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は8戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 エングレーバー(川田将雅騎手)
「この馬にとって、とても理想的な流れの中で競馬ができました。その分しっかりと勝ち切ることができました」

2着 ショウナンバルディ(鮫島克駿騎手)
「馬場もソフトで時計がかかるので、あまり行き過ぎないように注意して運びました。理想の形でレースができたので、今日は勝ち馬を褒めるしかありません。この馬自身も目一杯走っています」

4着 レティキュール(C.ルメール騎手)
「一生懸命走っていましたが、加速しません。ずっと同じスピードでした。ただ(今回は休み明けなので)次は良くなります」

8着 スーパーフェザー(藤岡康太騎手)
「ポジションを取りに行って、リズムは良かったです。ただ追い出してからの反応は一瞬でした。そこからは切れませんでした」