【フェアリーS】美浦レポート~アヌラーダプラ [News]
2020/01/09(木) 17:53
 13日(月・祝)に中山競馬場で行われるフェアリーステークス(GIII)に出走予定のアヌラーダプラ(牝3歳、美浦・萩原清厩舎)について、追い切り後の萩原清調教師のコメントは以下の通り。

「前走はメンバーレベルもあったかと思いますが、内容は良かったと思います。頭数は多くありませんでしたが、新馬とはまた違う内容で好レースが出来たことは良かったですね。

 (前走後の雰囲気は)1戦1戦、良化している印象があります。今朝はジョッキーが変わるので感触を掴んでもらうことが主眼でしたが、動きは良かったですね。馬の形、動きが良い馬ですし、セールスポイントというのもこれから徐々に出てくるのかなと思います。(2歳から3歳になっての馬の変化は)あまり変わったという印象はないのですが、精神的に落ち着いてきているという印象はあります。

 対戦メンバーの中で、力が上位であることが示せればと思っています。まだ未知数なところがある馬ですが、使うからには好レースをお見せ出来ればと思います」

(取材:大関隼)