【シンザン記念】栗東レポート~ルーツドール [News]
2020/01/09(木) 14:47
12日(日)に京都競馬場で行われるシンザン記念(GIII)に出走予定のルーツドール(牝3、栗東・藤岡健一厩舎)について、追い切り後の藤岡健一調教師のコメントは以下の通り。

「体型などを見て長いところが合うかなと思って、初戦は1600メートルを使ったわけですが、どう対応してくれるか不安があったんですが、そんなことはお構いなしに、というか、思った以上に良い競馬をしてくれたし、強かったな、と思います」
「あまり間隔を詰めて使いたくなかったので、前走後はすぐにノーザンファームしがらきへ放牧に出して、先のことを考えて、シンザン記念に合わせて順調に調整できています」
「先週もいい時計で動いていたので、(今日の)馬場状態が悪かったので上がり重点でやろう、ということで、しっかり動けているというのもありますし、いい時計も出まして、ジョッキーのコメントも良かったですし、予定通りに追い切りはできたかな、と思います」
「もともと大きな馬だったのですが、そのあたりは成長も含めて、身体も出来つつあるので、いい体型になってきたかなと思います」
「できるだけ大きな競馬場で走らせたいと思っていたので、小回り、というよりも外回り、京都は広いコースですし、うまく対応してくれると思います」
「相手というよりも、この馬自身がうまく走ってくれれば、明らかに能力は高いと思っているので、いい競馬になるのではないかと思います」
「大きいところへ向けて、しっかり育てていきたいと思っていますし、ここをうまくクリアしてくれれば先が楽しみになってくるので、応援してやってください。よろしくお願いします」

(取材:檜川彰人、山本直)