【シンザン記念】栗東レポート~オーマイダーリン [News]
2020/01/09(木) 14:46
12日(日)に京都競馬場で行われるシンザン記念(GIII)に出走予定のオーマイダーリン(牝3、栗東・河内洋厩舎)について、追い切り後の河内洋調教師のコメントは以下の通り。

「前走は後方からの競馬でしたが、終いはいい切れ味を出してくれました。初戦は前に行って失速したんですが、一度使って良くなっていた分はあり、いい勝ち方をしてくれました。(前走後は)3週間ほど放牧に出したんですけれども、いいレースがなくここまで待った方が、馬も落ち着いてきたので、ちょうど良いかなと思います」
「先週よりも今日の方がしっかりしていると乗った人が言っていました。今日も終いはいい感じで、まだ余裕がありました。全体が85秒くらいで、上がりもしっかりしてきたので、競馬には良い味が出ると思うので、調教では速いタイムは出ませんが、競馬に行って良いタイプですので、仕上がりは良いと思います。坂路も1本入れていますし、結構やっていますので、万全だと思います」
「馬場入り後にカリカリする面はありますが、競馬に行って折り合いは付きますし、乗りやすいとは言っていました」
「まだ1勝馬ですし、メンバーも強くなりますが、どんな競馬をしてくれるか楽しみにしています」
「まだ(道悪が)上手か下手か判断できませんが、良馬場の方が良いと思っていますが、(雨の予報が出ているのは)仕方ないですね」
「(初の外回りは)頭数も少なく、流れも落ち着きますし、折り合いもつきますから、いい条件だと思います」
「調教では目立ちませんが、乗り味が良いという話は聞いていました。初戦は案外でしたが、2戦目は変わってくれましたからね」
「(自身が騎手時代に3勝、騎乗予定の武豊騎手も7勝しているシンザン記念で)武君が乗ってくれるので力強いですね」
「自分としては勝ってほしいですが、いい競馬をしてほしいです」

(取材:檜川彰人、山本直)