リスグラシューの引退式を1月19日(日)に京都競馬場で実施 [News]
2020/01/07(火) 17:09
2018年のエリザベス女王杯(GI)、2019年の宝塚記念(GI)、コックスプレート(G1)、有馬記念(GI)などを制し、2019年の年度代表馬に選ばれたリスグラシュー(牝6、栗東・矢作芳人厩舎)の引退式が以下の通り行われることになった。なおリスグラシューは競走馬登録抹消後、北海道勇払郡安平町のノーザンファームで繁殖馬となる。

〔日時〕
2020年1月19日(日) 最終レース終了後(16時25分頃~)

〔場所〕
京都競馬場

〔出席者〕
馬主 (有)キャロットファーム 代表取締役社長 秋田博章
調教師 矢作芳人
調教助手 岡勇策
厩務員 北口浩幸
生産者 ノーザンファーム 代表 吉田勝己
(敬称略、出席者は予定)

※馬の体調等により変更・中止となる場合がある。

(JRA発表)