【カーバンクルS】(中山)~ライラックカラーが大外からまとめて差し切る [News]
2020/01/06(月) 17:14
中山11Rのカーバンクルステークス(4歳以上オープン・芝1200m)は1番人気ライラックカラー(O.マーフィー騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分8秒4(良)。3/4馬身差の2着に2番人気ペイシャフェリシタ、さらにクビ差の3着に3番人気レジーナフォルテが入った。

ライラックカラーは美浦・藤沢和雄厩舎の5歳牡馬で、父ルーラーシップ、母ルルパンブルー(母の父ジャングルポケット)。通算成績は13戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ライラックカラー(O.マーフィー騎手)
「来日する前から日本のトップトレーナーと聞いていた、藤沢和雄調教師の馬に初めて乗って、勝つことができてとても嬉しいです。道中の流れは速いと感じていたので、しまいを生かす形にしましたが、しっかりと伸びてくれました。1200mは初めてでしたが、うまく厩舎サイドがカバーしてくれたように思います」

2着 ペイシャフェリシタ(田辺裕信騎手)
「もう少し前のポジションを考えていましたが、出脚が今ひとつでした。道中は自分のペースで進めて、直線での走りは良かったです。押し切れるかと思いましたが、相手が一枚上でした」

5着 アルマエルナト(柴田大知騎手)
「競馬で余計なところに力を使わなくなったのが、良いところです。このクラスでよく頑張っていると思います」

7着 ロジクライ(F.ミナリク騎手)
「馬の仕上がりは良く、好位のポジションを取ることができましたが、最後の直線でスペースが無く、この馬の脚を見せることができませんでした」