【新春S】(京都)~クライムメジャーが追い比べを制する [News]
2020/01/06(月) 16:22
京都10Rの新春ステークス(4歳以上3勝クラス・芝1600m)は7番人気クライムメジャー(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒8(良)。ハナ差の2着に3番人気ユニコーンライオン、さらにクビ差の3着に4番人気サムシングジャストが入った。

クライムメジャーは栗東・渡辺薫彦厩舎の6歳牡馬で、父ダイワメジャー、母クライウィズジョイ(母の父トニービン)。通算成績は24戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 クライムメジャー(岩田康誠騎手)
「今日は内枠でペースも落ち着いていました。そのような中で、良いレースができました」

2着 ユニコーンライオン(坂井瑠星騎手)
「折り合いもついて、1600mも問題ありませんでした。直線も良い反応を見せてくれました。最後はクビの上げ下げになりましたね」

3着 サムシングジャスト(松山弘平騎手)
「リズム良く、良い形で無理せず上がって行けました。直線は一旦先頭というところもありましたが、ラストもうひと踏ん張りでしたね」

5着 ワンダープチュック(武豊騎手)
「直線内があいていたので入りましたが、前に行った馬がふらつくようなところがあり、その不利が痛かったですね。抜けていれば勝ち負けでした」