【許波多特別】(京都)~ショウリュウイクゾがハナ差の接戦を制する [News]
2020/01/06(月) 15:30
京都9Rの許波多特別(4歳以上2勝クラス・芝2200m)は1番人気ショウリュウイクゾ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分15秒0(良)。ハナ差の2着に2番人気サンレイポケット、さらに3馬身差の3着に3番人気ヒルノダカールが入った。

ショウリュウイクゾは栗東・佐々木晶三厩舎の4歳牡馬で、父オルフェーヴル、母ショウリュウムーン(母の父キングカメハメハ)。通算成績は11戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ショウリュウイクゾ(川田将雅騎手)
「リズムの良い競馬ができたと思います。今日は力を発揮できるレースができました。よく凌いでくれました」

2着 サンレイポケット(荻野極騎手)
「道中力んでいたところがありましたが、ラストはとても素晴らしい脚を使ってくれました。勝ったと思いましたが......。本当に悔しいです。でも、このクラスで通用する能力は証明できました」

3着 ヒルノダカール(松田大作騎手)
「今日は勝ちに行くレースをしましたが、最後は脚がある馬に交わされました」

4着 グラットシエル(福永祐一騎手)
「うまく立ち回ってくれました。久々の芝でも十分対応してくれました」

5着 ウォーターパルフェ(武豊騎手)
「この馬のレースはできました。ハンデ戦ならもう少し楽だと思います。でも、いつも本当に安定して走ってくれる馬です」