【門松S】(京都)~ジャスティンが逃げ切り4勝目 [News]
2020/01/05(日) 16:31
京都10Rの門松ステークス(4歳以上3勝クラス・ダート1200m)は3番人気ジャスティン(坂井瑠星騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒1(稍重)。クビ差の2着に1番人気レッドルゼル、さらに5馬身差の3着に6番人気ロードラズライトが入った。

ジャスティンは栗東・矢作芳人厩舎の4歳牡馬で、父オルフェーヴル、母シナスタジア(母の父Gone West)。通算成績は13戦4勝。

~レース後のコメント~

1着 ジャスティン(坂井瑠星騎手)
「1200mになってから折り合いに不安がなくなりました。この勝ち時計に勝ちっぷりなら、上でも楽しみです」

2着 レッドルゼル(北村友一騎手)
「スタートはスパッと切れるタイプではないので、今日も想定内でした。1200mで力まず流れに乗れましたし、追ってからもいい反応でした」

3着 ロードラズライト(田中健騎手)
「理想はハナですが、先行力をいかす競馬は出来ました。気難しいところも出さず、使うたび良くなっています」

4着 ベルクリア(福永祐一騎手)
「時計が速過ぎました。内枠でも力を出してくれています」