【サンライズS】(中山)~エンゲルヘンが逃げ切り5勝目 [News]
2020/01/05(日) 15:58
中山10Rのサンライズステークス(4歳以上3勝クラス・芝1200m)は2番人気エンゲルヘン(横山武史騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分8秒0(良)。クビ差の2着に1番人気ジョーアラビカ、さらにハナ差の3着に6番人気インスピレーションが入った。

エンゲルヘンは栗東・五十嵐忠男厩舎の6歳牝馬で、父マツリダゴッホ、母ゲイリーピクシー(母の父Rahy)。通算成績は18戦5勝。

~レース後のコメント~

1着 エンゲルヘン(横山武史騎手)
「想像していたよりもスムーズでした。外枠で心配していましたが関係なかったです。逃げ馬でどうしても最後甘くなってしまいますが、中山のきつい坂もよくこなしてくれました」

2着 ジョーアラビカ(横山典弘騎手)
「スタートの一歩目が遅かったのが敗因です。1200mは乗っている立場としては楽ですが、適正に関してはなんともいえないです」

3着 インスピレーション(田中勝春騎手)
「気負わないで、いいリズムで走っていましたが、最後、2着の馬と並んだ時に耳を絞って気難しいところを見せていました。それがなければ、2着はあったかもしれません」

5着 ダイトウキョウ(田辺裕信騎手)
「直線もうまく捌いて走っていました。久々の分もあったのか、最後甘くなってしまいました」