【福寿草特別】(京都)~レクセランスが接戦を制しオープン入り [News]
2020/01/05(日) 15:47
京都9Rの福寿草特別(3歳1勝クラス・芝2000m)は3番人気レクセランス(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分3秒5(良)。クビ差の2着に6番人気アメリカンシード、さらに2馬身差の3着に2番人気ケヴィンが入った。

レクセランスは栗東・池添学厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母エクセレンス2(母の父Champs Elysees)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~

1着 レクセランス(川田将雅騎手)
「能力はあるのですが、内にささる面が強いです。それでも初戦よりは良かったです」

2着 アメリカンシード(福永祐一騎手)
「動いて行く形をとってほしいという指示でした。いい形に持ち込めましたが、最後の100mで頭が上がりました」

3着 ケヴィン(四位洋文騎手)
「道中ハミを噛むと、頭を上げたり、逃げたりと、若さを出しています。枠も内より外の方がいいように思います。能力があるだけに、このレースぶりは歯痒いです」

5着 ハギノエスペラント(武豊騎手)
「ペースが落ちたらかかるし、速くなったら置いていかれます。器用さがあまりないようです」