「ベストターンドアウト賞」~ヴェルトライゼンデの橋口浩調教助手が受賞 [News]
2019/12/28(土) 18:29
本日、ホープフルS(GI)のパドックで、世界主要GIレースでも実施されている、"最もよく躾けられ、最も美しく手入れされた出走馬を担当する厩舎スタッフ"の努力を称え表彰する「ベストターンドアウト賞」の審査が行われ、ヴェルトライゼンデの橋口浩調教助手が受賞した。

【受賞者】
ヴェルトライゼンデ 橋口浩調教助手(池江泰寿厩舎)

【審査委員】
松山康久氏(元JRA調教師)
棚橋弘至氏(プロレスラー)
獣神サンダー・ライガー氏(プロレスラー)

【審査基準】
I.躾(しつけ)
 1.リーダーシップ
 2.引き馬の技術
 3.馬具の適切な使用

II.美観
 1.馬の自然な美しさ
 2.馬体の手入れ
 3.人馬の装い

橋口浩調教助手のコメント
「日々の積み重ねを評価していただくことができ、非常に嬉しく思います。これからも、今回の受賞に奢ることなく精進していきます。ありがとうございました」

(JRA発表による)