【ベテルギウスS】(阪神11R)~ワイルドカードが好位から差し切る [News]
2019/12/28(土) 17:47
阪神11Rのベテルギウスステークス(3歳以上オープン・リステッド・ダート1800m)は2番人気ワイルドカード(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒7(稍重)。1馬身1/4差の2着に1番人気スマハマ、さらに1馬身1/4差の3着に8番人気デザートスネークが入った。

ワイルドカードは美浦・木村哲也厩舎の5歳牡馬で、父ストリートセンス、母パーフェクトチャンス(母の父Unbridled's Song)。通算成績は12戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ワイルドカード(川田将雅騎手)
「スムーズにいい位置で競馬ができました。終いはしっかり脚を使ってくれました。いい内容で勝ち切ってくれました」

2着 スマハマ(藤岡佑介騎手)
「前走が厳しい形になってしまいました。今日は理想的な形になったのですが、一旦は2番手の馬に出られそうになってしまいました。地力で盛り返してくれましたが、いい時なら手応え良く回ってきて突き放していけるくらいの馬なのですが......」

6着 バレッティ(吉田隼人騎手)
「枠も良かったので出たなりで運びました。3~4コーナーはいい感じだと思ったのですが、勝ち馬の手応えが上でした」

7着 メイプルブラザー(和田竜二騎手)
「さすがに遅すぎました。必ず脚は使ってくれるのですが......」

11着 コマビショウ(藤岡康太騎手)
「遅い流れの中で上がり勝負になってしまいました。ジリジリと脚を使っていましたが、全体的に流れて欲しかったです」