【春待月賞】(阪神9R)~グランソヴァールがゴール前の混戦を制す [News]
2019/12/28(土) 15:10
阪神9Rの春待月賞(3歳以上2勝クラス・ダート1400m)は7番人気グランソヴァール(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒6(稍重)。クビ差の2着に11番人気ライトオブピース、さらにアタマ差の3着に4番人気ヒルノサルバドールが入った。

グランソヴァールは美浦・尾関知人厩舎の3歳牡馬で、父ダンカーク、母スイートマカロン(母の父Tale of the Cat)。通算成績は9戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 グランソヴァール(武豊騎手)
「非常に乗りやすい馬でうまく流れに乗れました。状態も良さそうです」

2着 ライトオブピース(和田竜二騎手)
「芝では置かれていましたが、ダートでは追走が楽でした。展開がハマったこともありましたが、内を突いて伸びたのが良かったです」

3着 ヒルノサルバドール(横山典弘騎手)
「よく頑張っています。いろいろな競馬ができるようになっています。勝ち味に遅いところはあります」

5着 コマノバルーガ(加藤祥太騎手)
「いいポジションでしたが、勝ち馬の脚が勝っていました」

7着 ヨドノビクトリー(川田将雅騎手)
「直線でずっと進路がなかったです。かわいそうな競馬になりました」