【伊勢佐木特別】(東京)~リキサンステルスがハナ差しのぐ [News]
2013/11/16(土) 16:04
東京9Rの伊勢佐木特別(3歳以上1000万下・ダート2100m)は、2番人気リキサンステルス(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分13秒3。ハナ差の2着に7番人気サンマルデュークが、2馬身半差の3着に1番人気ゲルマンシチーがそれぞれ入線。

リキサンステルスは美浦・奥平雅士厩舎の3歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母リキサンピュアティ(母の父トニービン)。通算成績は7戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 リキサンステルス 北村宏司騎手
「強く押すと反発するので、馬の気分を損ねないように気をつけて乗りました。ブリンカーの効果もありました」

2着 サンマルデューク 武士沢友治騎手
「勝負どころから反応しませんが、しぶとくジワジワと伸びています。レースの形もよく、センスも力もあります」

3着 ゲルマンシチー 戸崎圭太騎手
「無理をせず、持ったままで行きましたが、ペースが遅かった分、決め手の差が出てしまいました」

4着 リーゼントブルース 松岡正海騎手
「いい感じで行けましたが、もう少し締まりのいい馬場の方がいいですね。このクラスでも通用します」

5着 ビッグバンドジャズ 後藤浩輝騎手
「もう少しスムーズに外へ出せればよかったすが、最後も伸びていますし、このクラスでも通用すると思います」