【兵庫ゴールドT】(園田)~デュープロセスが逃げ切る [News]
2019/12/27(金) 16:39
 27日、晴・重馬場の園田競馬場で行われたダートグレード競走の第19回兵庫ゴールドトロフィー(JpnIII・1400m)は、逃げた1番人気のデュープロセス(北村友一騎手騎乗)がそのまま押し切って人気に応えた。勝ちタイムは1分27秒4。

 3/4馬身差の2着には8番人気だった地元兵庫のイルティモーネが後方から追い込み、さらにクビ差の3着には9番人気だった高知の10歳馬サクラレグナムが入った。2番人気だったノボバカラ(JRA)は4着、3番人気のテーオーエナジー(JRA)は9着だった。

 勝ったデュープロセスは父ダイワメジャー、母ローズロー(その父ニューアプローチ)という血統の3歳牡馬で、JRA栗東・安田隆行調教師の管理馬。通算成績は9戦5勝(うち地方1戦1勝)で重賞は初制覇。