【秋陽ジャンプS】(東京)~エーシンイグアスが2馬身半差で勝利 [News]
2013/11/16(土) 15:58
東京8Rの秋陽ジャンプステークス(障害3歳以上オープン・芝3110m)は、4番人気エーシンイグアス(黒岩悠騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分27秒2。2馬身半差の2着に2番人気オンワードシェルタが、1馬身半差の3着に3番人気シャイニーブラックがそれぞれ入線。

エーシンイグアスは栗東・坂口正則厩舎の5歳牡馬で、父ダンスインザダーク、母エイシンマリアンナ(母の父Gone West)。通算成績は34戦6勝となった。

レース後のコメント
1着 エーシンイグアス 黒岩悠騎手
「馬が成長して充実しているように感じます。いつも通り、折り合い重視で道中は内でロスなく追走できました。飛越も上手です。以前はあまり長くいい脚を使えませんでした。今は長くいい脚を使えるようになり、先々が楽しみです」

2着 オンワードシェルタ 山本康志騎手
「上手に走ってくれて、この感じなら勝てると思いました。ゴール前で脚が鈍ったのは故障の影響でしょうか。かわいそうなことをしました」

3着 シャイニーブラック 浜野谷憲尚騎手
「前回失敗しているので、今回こそはという気持ちでした。ペースが速くなってもついていけましたが、道中はカラ馬を見てフワフワしていました。それでも直線はハミをかみ直して、よくがんばっています」

4着 ヴィーヴァギブソン 西谷誠騎手
「いい頃の状態に戻ってきたと思います。未勝利のときから飛越の上手さで勝負する馬でしたが、終いもよく伸びています。速い時計の中でもよくがんばっています。次走はもっとよくなりそうです」

5着 ビーアウェイク 高野和馬騎手
「外枠で行けずに後ろからになってしまい、カラ馬にも絡まれてしまいましたが、最後は差を詰めており、力はあります」