【もちの木賞】(京都)~メイショウイチオシがレコードで制す [News]
2013/11/16(土) 15:49
京都9Rのもちの木賞(2歳500万下・ダート1800m)は、2番人気メイショウイチオシ(武幸四郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒7。1馬身1/4差の2着に1番人気タガノハヤテが、5馬身差の3着に5番人気サトノバリアントがそれぞれ入線。

メイショウイチオシは栗東・庄野靖志厩舎の2歳牡馬で、父メイショウボーラー、母グリーンヒルレッド(母の父スキャン)。通算成績は3戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 メイショウイチオシ 武幸四郎騎手
「デビューの頃から、使いながらよくなるタイプと思っていました。初戦より2戦目、2戦目より3戦目と使うごとによくなっています。まだトモなどは甘いですが、馬力がついてきましたし、これから焦らず大事にしていけばもっとよくなると思います」

3着 サトノバリアント C.ルメール騎手
「スタート後に前の馬についていく形で、スムーズに流れに乗れました。直線でも長くいい脚を使い、最後まであきらめずに走ってくれました」

5着 マスクゾロ 幸英明騎手
「ゲートの中でおとなしく、ポンと出たのですが、そのぶんハミをとって、1~2コーナーでは少し掛かり気味でした。折り合いさえつけば、もうひと伸びあったと思います」