【クリスマスキャロル賞】(阪神)~サヴォワールエメが早め先頭で押し切る [News]
2019/12/22(日) 18:10
阪神10Rのクリスマスキャロル賞(3歳以上2勝クラス、ハンデ、芝1600m)は4番人気サヴォワールエメ(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒5(良)。2馬身差2着に6番人気スラッシュメタル、さらにハナ差で3着に1番人気トオヤリトセイトが入った。

サヴォワールエメは栗東・友道康夫厩舎の3歳牝馬で、父ダイワメジャー、母ニアメ(母の父Pivotal)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 サヴォワールエメ(北村友一騎手)
「反応も良かったですし、最後しぶとく脚を使ってくれました。休み明けでも状態の感じは良く、いい時に乗せていただいたと思います」

2着 スラッシュメタル(西村淳也騎手)
「スタートはいつも通りであまり良くありませんでした。でもいい位置から追走出来て、追ってからの反応も良かったです。スローペースはこの馬にはあまり良くないですね。もう少し流れて欲しかったです。でも、瞬発力勝負でもこれだけ走ってくれたわけですから、成長を感じます」

3着 トオヤリトセイト(和田竜二騎手)
「1歩目はゲートを出ていますが、2歩目でバランスを崩しています。あとはスムースに最後まで脚を使えました。思ったより流れず、前が止まりませんでした。1600mでも最後の脚を使っていました。トモが入ってくればもっと良くなりそうです。終いは確実な馬ですから」

4着 キャンディストーム(坂井瑠星騎手)
「出たなりの位置から最後は外に出して欲しい、という指示でした。一瞬、オッという感じだったのですが...。よく頑張ってくれました」