【有馬記念】美浦レポート~レイデオロ(藤沢和雄調教師) [News]
2019/12/19(木) 11:13
 12月22日(日)に中山競馬場で行われる第64回有馬記念(GI)に出走予定のレイデオロ(牡5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)について、追い切り後共同会見での藤沢和雄調教師のコメントは以下の通り。

「(今朝の追い切りは)前走を使ってからそんなに日が経っていないので、昨日は天気も悪かったですし、今日は遅い時計でしたが、併せ馬をしようという予定でした。遅い流れではありましたが、ゴール前、ゴールしてからもいい動きだったと思いました。三浦騎手も行き出してからは良い動きだった、と言ってくれました。

 前走(ジャパンカップ)は馬場の良くない内へ入ってしまって、結果も出ませんでした。そのあとは牧場へ戻って有馬記念へ使うかどうかという所だったのですが、さほど疲れも無いという事で先週帰ってきて、調教も積めて、有馬記念へ行こうという事になりました。

 2歳の頃から頑張ってくれましたし、ダービーも勝たせて貰って、天皇賞も勝たせて貰いました。今年はあまり良い成績が出ていないのですが、最後のレースですから。やはり、ダービーを勝たせて貰った馬ですし、無事に頑張ってくれて、結果を期待したいと思います。

 (枠順抽選会で運が味方してくれれば?の問いに)難しいコースなのはみんな同じ条件ですから、何とか......と思っています。

 前走は1番人気に支持して頂きましたが、私もガッカリしてしまう結果でした。でも、まだ馬はしっかりしていますし、最後ですから頑張ってくれると思うので、また応援してください」

(取材:大関隼)