【有馬記念】美浦レポート~レイデオロ(三浦騎手) [News]
2019/12/19(木) 11:10
 12月22日(日)に中山競馬場で行われる第64回有馬記念(GI)に出走予定のレイデオロ(牡5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)について、騎乗予定の三浦皇成騎手のコメントは以下の通り。

「(騎乗依頼を受けた時には)率直に嬉しかったですし、有馬記念という舞台でダービー馬に乗せて頂けることが嬉しかったですね。

 凄く能力が高い馬というのはデビューの頃から感じていました。それ以上に気性面であったり、そういった意味でのレースに行っての難しさがあるのかな、というのは、はたから見ていて感じていました。

 今朝の追い切りでは跨がった時から重厚感というか、どっしりしていて、体の使い方などもやはりいい馬だなという印象でした。自分がイメージしていた乗り難しさというのも追い切りに乗ってみて、感じることが出来たので、良い意味でクセも知る事が出来て、良い追い切りになったと思います。

 (中山2500mについて)中山自体がトリッキーなコースですが、2500mは特に坂も2回上りますし、ポジションや展開、馬場状態もですが色んな意味で騎手のクセであったり、本当に強い馬だけが勝てるコース形態ではないと思うので、そういう意味では騎手の状況判断が大事になってくると思います。

 (どんな面が引き出せれば一番良いですか?の問いに)気持ちが乗った時の体の使い方などは今日乗っていて凄く良さを感じたので、馬がとにかく勝負どころから一生懸命走ってくれるように、前半から展開であったり、馬とのコンタクトであったりで、そういう風に持って行ければとは思っています。

 (今の気持ちは)先週の勝ち星で年間100勝を達成させて頂きましたが、これからはそういう意味では、大きいGIでの活躍も自分の中では大事になって来ると思いますし、もっともっとそういう所で存在感をアピールしていかないといけないな、と先週(年間100勝を)達成してさらに感じました。すぐにこうしてチャンスを頂けたので、しっかり結果で応えたいなと思っています。

 ラストランという大事なところで手綱を取らせて頂くことになりましたが、レイデオロが一番気持ちよく、一生懸命走って貰えるように、僕が良い騎乗が出来ればと思っています」

(取材:大関隼)