【有馬記念】栗東レポート~スワーヴリチャード(庄野師) [News]
2019/12/18(水) 17:22
☆22日(日)中山競馬場で行われる第64回有馬記念(GI)に出走を予定しているスワーヴリチャード(牡5、庄野)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ スワーヴリチャードについて庄野靖志調教師

・(ジャパンC後の様子は)一週間放牧に出して様子を見てもらいましたが、元気で回復も早かったので、有馬記念参戦を決めました。

・(ハードな闘いだが)馬の体調に合わせてということで、秋GI三戦目ですが、昨年一昨年よりいい状態で臨めそうです。

・(追い切りについて)今日(マーフィー)騎手には最初ゆっくりと入って後は感覚で任せるという指示でした。狙った時計よりも遅かったかも知れませんが、まっすぐ走れていましたし、パワフルでいい動きだったと思います。ジャパンカップの段階で、騎手もいい手応えを掴んでいましたし、先週の追い切りの時点で仕上がっていたという感触を、騎手と我々スタッフも持っていました。後は無事に競馬を迎えたいという気持ちです。

・5歳の秋を迎え馬体も完成したという印象です。ここまできたら右回り左回りとかは言ってはいられませんね。

・(勝つために)前走の競馬がロス無く運んでよかったと思います。今回もロス無く運んで1着で駆け抜けてくれたらいいなと思います。後は枠順が決まったら、また騎手と話し合いたいと思っています。

・一昨年(の有馬記念)は枠順もあって外を回る形になりました。今回は馬も完成して、デキも今までで一番いい形になるのではと思っているので、良い結果を期待したいです。

〔取材:檜川彰人〕