【有馬記念】美浦レポート~アーモンドアイ(国枝調教師) [News]
2019/12/18(水) 16:52
 12月22日(日)に中山競馬場で行われる第64回有馬記念(GI)に出走予定のアーモンドアイ(牝4歳、美浦・国枝栄厩舎)について、追い切り後共同会見での国枝栄調教師のコメントは以下の通り。

「先週いい追い切りが出来たので、今週も同じように、変わらないような感じでと(ルメール騎手)に話をしました。(霧であまり見えなかったが)準備運動の段階で馬を見てきましたが、凄く落ち着いていて、ゆったり出来ていたので、追い切りへ行く時の雰囲気も良かったですね。直線の走りは(スタンドで)見ていて、少ししか見えませんでしたが、終いの反応や伸びも良かったですし、順調だなと感じました。

 ルメール騎手は何も言うことがないという感じで、アーモンドアイを凄く信頼していますね。ルメール騎手からは常に良いコメントが出てくるので、聞くこちらとしても凄く良い気分ですね。

 (有馬記念に出走する、と決まってからの馬の雰囲気は)天皇賞の前と比べても良いですからね。順調に来られているのではないかなと思います。(中山2500mに関しては)確かに少しトリッキーですけど、騎手も2回勝っていますし、コントロールの利く馬ですから、色々な事はありますが、そこは上手くこなしてくれるんじゃないでしょうか。

 (あとは明日、枠順抽選会で運が味方してくれればなお良いですか?の問いに)こればかりはどうにもならないですが、出来ればやはり内め(がいい)かなという気はしています。有馬記念は1年の終わりに凄く盛り上がるレースですし、マツリダゴッホの時には私は自信があったのですがあまり人気は無かったですし、気楽に臨めて楽しかったですね。今回は全く逆で注目度も高いですが、そういう意味ではより、喜びも含めて大きいのではないかなと感じていますし、良い競馬をしたいと思っています。

 ファンの皆さんの熱意、サポートでファン投票1位になれましたし、その馬をまず順調にレースに出すという所で色々気は遣いますけれど、丁度良い緊張感なのかなと...。出来ればいい天気で、スムーズな競馬が出来て、結果が出れば最高だと思います。ファンの皆さんもぜひ、有馬記念を楽しんで頂ければと思います」

(取材:大関隼)