令和元年度の「中京競馬記者クラブ賞」は音無秀孝調教師が受賞 [News]
2019/12/15(日) 19:46
中京競馬記者クラブは、令和元年度の「第40回中京競馬記者クラブ賞」を音無秀孝調教師(栗東)に贈ることとなった。

【選考理由】
チャンピオンズカップ(GI)において3歳馬クリソベリルが優勝。無傷の6連勝、レースレコードでGIを勝利したその調教手腕を高く評価した。

~音無秀孝調教師のコメント~
「このような賞をいただき、大変光栄です。厩舎のGI初勝利が高松宮記念のオレハマッテルゼでした。初めてビッグタイトルを獲らせていただいたこともあり、好きな競馬場ですし、思い入れもあります。クリソベリルで勝てたのも大変、うれしく思います。これも馬主さんはじめ、関係者の方々のおかげですし、感謝しています」

(JRA発表による)