【寒椿賞】(中京10R)~コパシーナが接戦を制す [News]
2019/12/15(日) 16:06
中京10Rの寒椿賞(2歳1勝クラス・ダート1400m)は6番人気コパシーナ(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分25秒0(良)。ハナ差の2着に4番人気オヌシナニモノ、さらにクビ差の3着に2番人気テーオーケインズが入った。

コパシーナは美浦・伊藤圭三厩舎の2歳セン馬で、父ヘニーヒューズ、母ダッシングハニー(母の父アサティス)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 コパシーナ(吉田隼人騎手)
「本当はハナへと思っていましたが、隣の馬も速かったですね。芝スタートだったので余計にダッシュがつかなかった面もありました。ただ、2番手で息は入っていましたし、逃げた馬もしぶとかったのですが、よく頑張ってくれました。返し馬からいいなと思いましたし、タメが利くようになればもっと楽しみです」

2着 オヌシナニモノ(藤岡康太騎手)
「いいスピードを持っていますし、好スタートから楽にハナへ行けました。ただ、終始外へ張り気味になっていて、修正を掛ける分、力をロスした感じでした。盛り返して着差は僅かでしたし、何とかしたかったのですが......」

4着 ヘルシャフト(荻野極騎手)
「発馬がきれいに決まって好位につけられましたが、砂を被ると少しふわふわするところがありました。それでも直線で外へ持ち出すといい伸びを見せてくれました。十分に力は持っていますし今後が楽しみです」