【2歳1勝クラス】(阪神7R)~イモータルスモークが外から抜け出す [News]
2019/12/15(日) 15:09
阪神7Rの2歳1勝クラス(ダート1800m)は9番人気イモータルスモーク(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒3(良)。1馬身3/4差の2着に3番人気フィロロッソ、さらに1馬身3/4差の3着に1番人気キンノマサカリが入った。

イモータルスモークは美浦・金成貴史厩舎の2歳牡馬で、父Into Mischief、母Bellini Sunrise(母の父Machiavellian)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 イモータルスモーク(福永祐一騎手)
「体としてはまだ幼いところがあります。うまく立ち回ってくれました」

2着 フィロロッソ(C.ルメール騎手)
「いい競馬をしてくれました。十分なスペースがあったら勝っていたかもしれません。一生懸命追えなくなくなるところがありました」

3着 キンノマサカリ(和田竜二騎手)
「調教でチークピーシーズをつけてもたれ方がマシになっていました。ゲートまでは落ち着いていて雰囲気が違うかなと思いましたが、内にささりっぱなしでした。力で何とかなると思いましたが、前回同様にもたれていました。まともに走っていませんでした」

5着 アポロアベリア(松山弘平騎手)
「スタートよく2番手で競馬ができました。このメンバーでもしっかりと掲示板を確保して踏ん張って頑張ってくれました」

6着 イバル(岩田望来騎手)
「前走の福島では後ろからになって砂を嫌がっているみたいでした。今日はゲートが良かったです。手応えよく来ましたが、早めに他に来られてふわっとしました。最後も踏ん張っていました。もっとやれてもおかしくないと思います」