【ターコイズS】(中山)~コントラチェックが逃げ切り重賞2勝目 [News]
2019/12/14(土) 17:36
中山11Rの第5回ターコイズステークス(3歳以上GIII・牝馬・芝1600m)は3番人気コントラチェック(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒2(良)。1馬身3/4差の2着に2番人気エスポワール、さらに2馬身差の3着に1番人気シゲルピンクダイヤが入った。

コントラチェックは美浦・藤沢和雄厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母リッチダンサー(母の父Halling)。通算成績は8戦4勝。

~レース後のコメント~

1着 コントラチェック(C.ルメール騎手)
「いいレースができました。パドックから馬がいい感じで、ウォーミングアップの時もリラックスしていたので、自信がありました。スタートからスピードに乗ってマイペースで走ることができました。途中息も入って最後もいい脚でした。今日は能力を使ってくれました」

2着 エスポワール(M.デムーロ騎手)
「いいポジションにつけられましたが、この馬には200m短かったです。ただよく頑張ってくれていて、今日は勝った馬が強かったです」

3着 シゲルピンクダイヤ(和田竜二騎手)
「ゲートは上手に出てくれました。フワフワするところがあるので、もう一列前に行きたかったですね。1600mの方が流れには乗りやすいです」

5着 メイショウグロッケ (蛯名正義騎手)
「ここのところ力をつけてきて、よく頑張っています。前に行っている組が下がっている中でこの馬は勝った馬を追いかけて残っているのですから悪くありません。次につながるいい内容でした」

7着 リバティハイツ(藤岡佑介騎手) 
「コンディションが良さそうで理想的なレースができましたが、最後の1ハロンで苦しくなり脚色が同じになってしまいました。坂と距離を考えるとギリギリの感じです」

8着 ウインシャトレーヌ(松岡正海騎手)
「ペースが速くて追走で一杯になってしまい、ダラーっとした感じになりました」

10着 ダノングレース(三浦皇成騎手)
「道中リズムよくいけましたが、馬場がかたいのを気にしていたのか4コーナーからつっぱるような走りで、伸び切れませんでした。返し馬の走りは凄く良かっただけに残念です」