【メイクデビュー】(中山5R)~エーポスが人気に応え新馬勝ち [News]
2019/12/14(土) 14:09
中山5Rのメイクデビュー中山(芝1600m)は1番人気エーポス(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒0(良)。1馬身3/4差の2着に3番人気ヴィンクーロ、さらに1馬身差の3着に4番人気サクセスハーモニーが入った。

エーポスは栗東・北出成人厩舎の2歳牝馬で、父ジャスタウェイ、母ストライクルート(母の父Smart Strike)。

~レース後のコメント~

1着 エーポス(池添謙一騎手)
「少し怖がりなところがあって、狭い所に気を使うところもありましたが、レース自体は上手に走っていました。まだ非力ですし、これからの成長が期待できます」

(北出成人調教師)
「牝馬だけに心配はありましたが、調教通りに走っていました。先週、池添騎手が乗って、追い切りで感触をつかんでくれて、自信を持って乗れたのも良かったのでしょう。2コーナーで窮屈なところ以外はスムーズでした。普段は物見をしたり幼い面を見せますが、レースではそれがありません。レースセンスがありますね」

2着 ヴィンクーロ(柴山雄一騎手)
「2コーナーで狭くなってハミをかむところがありましたが、流れてからはスムーズでしたし、馬込みも大丈夫でした。上手に競馬をしています」

4着 ロビンザフィリー(C.ルメール騎手)
「いいポジションにつけられましたし、直線の手応えも良かったです。ただ、前の2頭が強かったです。距離はピッタリです」