【メイクデビュー】(中山5R)~インターミッションが抜け出してデビュー勝ち [News]
2019/12/08(日) 18:44
中山5Rのメイクデビュー中山(芝1600m)は1番人気インターミッション(石川裕紀人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒1(良)。1馬身1/4差の2着に2番人気ランナウェイ、さらに1馬身半差の3着に5番人気コスモブルーノーズが入った。

インターミッションは美浦・手塚貴久厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母レイカーラ(母の父キングカメハメハ)。

~レース後のコメント~
1着 インターミッション(石川裕紀人騎手)
「1か月近く、調教に乗せてもらい、最初は目立つ動きではありませんでしたが、週を追うごとに、ディープ産駒らしい動きになり、自身を持って臨みました。中団くらいから行くつもりでしたが、スタート良く、前につける形になりました。逃げたくなかったところ、2着馬が行ってくれたので、それを見ながら、レースを進めました。最後も良い脚を使ってくれましたし、強かったです。これから成長してくれればと思います」

2着 ランナウェイ(北村宏司騎手)
「押し出されて行く形になりましたが、リズム良く走れました。追って頭が高くなる所はありますが、よく頑張ってくれました」

4着 メイリバティ(古川吉洋騎手)
「外枠の分、あの位置になりましたが、馬の後ろで、我慢できました。これから良くなると思います」